テレフォンセックスに「当たり外れ」等という概念はもはやない

テレフォンセックスに「当たり外れ」等という概念はもはやない

電話をしながらセックスをする女性

皆さんはこんな経験をしたことはないでしょうか?

風俗に行きたくなってWEBサイトで下調べしていると一目で欲情する程どエロい女を発見、プロフ写真や店のブログ画像だけでもその場で一発抜けそうになるくらいの嬢であったにも関わらず、予約して実際に店舗に行ってみると別人じゃないかと思う程のギャップによって暗雲が立ちこめるマイ・ハート、萎えていく性欲。

「もういいわフリーでいいから別の人にしてくれ」と言いたくても言えないのが気の弱いわれわれ日本人の性。しみが多くても、たるんだ身体でも、写真より遥かに年を食っていても、「まあその気になれば抜けないこともないか…」と妥協し、気持ちを無理に昂ぶらせるもののいざフィニッシュしてみると襲ってくる、その賢者タイムの凄まじさたるや…。

これまで射精後に何度「俺は何故生きているんだろう…」と己に問いかけたことでしょう。

しかし何日かたてばまた性欲は半場義務的に復活し、インターネットで検索して写真やブログで欲情していざ店に出向いてがっかりするけど無理矢理昂ぶらせて抜くこのループ地獄…。

まるで自分自身をレイプしているかのようです。未来永劫続く虚しき男の性はあてもなく彷徨い続けるのです。この宿命的に性欲に振り回される人生をどうにかポジティブな方向にもっていけないものでしょうか?

そんな自堕落な性生活に一筋の光明を見出せるのがテレフォンセックスだと私は断言できます。

テレフォンセックスを楽しむOL

最初に言っておくと、私含めて言えることですが皆とにかく高望みが過ぎるのです。想像の中にのみ生きる理想のド変態女は決して現実で目の当たりにすることはないのです!

風俗サイトでときたま見かける自分の願望に近い風俗嬢を見つけたとしても、絶対に(ここは断言します、絶対に…!)現物がそれに見合うだけの容姿を持ち合わせていることなどありえないのです。その理想を欲望のまま追い求め続けることはまるで目の前に人参をぶら下げられた馬の如く、本能に振り回されるだけの愚かな人生と言えましょう。

加えて誰しもがこのような経験はないでしょうか?あの女性の容姿はとても素晴らしいが声が残念。エロい身体してるのにセックスはマグロすぎて萎えた、などなど、その容姿と声のギャップに幾度となく失望したことが。

しかしそんなことテレフォンセックスでは問題になりません。何故なら全ては想像力に依るといっても過言ではないからです。あまりの理想と現実とのギャップに「結局人生なんてこんなもん…」と達観して戦い続けることを放棄している人がいるならば、厳しいようですが私は強く言いたいです。あなたは性の世界において井の中の蛙だと。

テレフォンセックスプレイとは、交換可能な幾通りものモジュールを組み合わせて楽しむことのできる無限の可能性を秘めたセックスといえるでしょう。

喘ぎ声一つだけとってもイマジネーションによって何通りにも姿形を変え、あなたの前に何度でも現れるのです。

例えば、ちょっと恥じらいがかったややハスキーな声、それが長い間男に抱かれていない欲求不満なシングルマザーなのか、有名私立大学に通う一見おとなしそうな女子大生なのか、高校生の時の初恋の相手なのか、どのパターンだって楽しむことができるでしょう。それはあなた次第で縦横無尽に千変万化するのです。

超絶ノリノリで喘いでくるヤリマンぽさ全開の声だったならば、正攻法で見た目もどエロなビッチを思い描くのもよし、あえて変化球よろしく眼鏡をかけた黒髪ロングヘアな真面目タイプでギャップを楽しむのもよし。正に可能性は無限大。声だけのやり取りで性欲を満たすという独自の世界ならでは、通常の風俗では味わえない深淵の世界がそこにはどこまでも広がっているのです。

もちろんある程度は慣れや想像力を磨く必要はあるかもしれません。しかし一度要領を得てしまえば可能性は無限大です。

コツとしては普段から多種多様な妄想をしておくことです。僕は通勤で見かけるOLや会社の同僚、ランチで接するウエイトレス、あらゆるタイプの女性を見て妄想としてストックしておきます。

妄想が生業の男にとっては有能すぎるツール、それが「テレフォンセックス」

改めてテレフォンセックスで喘ぎ声を聞いた時に「よし昼間のウエイトレスでいくか」「いや、まてよ。ちょっと角度を変えて今日は駅のホームで見た女性車掌でいってみよう」など一種の着せ替え人形のようにして楽しめる要素を多分に孕んでいるのです。

加えて妄想の鍛錬は大抵の男にとってはそこまで苦にならないでしょう。むしろ楽しんでできるんじゃないでしょうか。好きこそ物の上手なれ。何故なら人は自然と妄想するものだからです。

しかしちょっと意識して取り組めば妄想レベルもどんどん上がっていき、引いてはセックスの幅も広がっていくのです。ある程度の領域まで行くともはや通常の風俗につきものである「当たり外れ」などという概念はなくなります。

相手の声一つがトリガーとなって、自分の妄想を縦横無尽に暴れさせることであらゆるシチュエーション、あらゆる快楽が得られるようになるのです。

テレクラといえば未だに抵抗を覚える人もいるでしょう。その気持はよくわかります。時間をかけて安くはないお金をかけなければいけないんでしょ?と考える人は未だに多いと思います。

しかし一昔前とは全く事情は異なります。何故なら今はそのスマホひとつでいつでもどこでもテレフォンセックスが可能だからです。以前は店舗型が主流でしたがこのインターネットのご時世にそのような状況は全く当てはまりません。

更にお金も通常の風俗に比べたら断然安い。ラッキーコードを使えば無料で通話が楽しめます。これを利用しない手はないでしょう。

もう風俗に飽き飽きしている人、風俗は好きだけど出費を考えると頻繁には通えない人、そういう人にこそこの無限の可能性を秘めた情緒あふれるテレフォンセックスプレイにトライしてみてほしいと思う今日この頃です。

最後に、いくらテレフォンセックスの魅力を語ろうとも、僕には入り口に案内することしかできません。強制はしません。扉を開くかどうかはあなた次第です。

テレフォンセックスに「当たり外れ」等という概念はもはやないへのコメント

コメントを投稿




他の記事へ