テレフォンセックスは一人で上達可能か?個人練習で目指せテクニシャン!

テレフォンセックスは一人で上達可能か?個人練習で目指せテクニシャン!

電話をしているOL風の女性

テレフォンセックスは一人で上達可能か?というテーマで記事を書かせて頂きます。

結論から申し上げます。可能です。それはどういうことなのか?根拠は何か?詳しく解説していきたいと思います。

テレフォンセックスにおいて「音」が非常に重要であるということは誰も異論がないでしょう。であるならば一人で自主練習することも可能なのです。例えば喘ぎ声一つとっても練習すればする程、イメージ通りの声を自在に出せるようになっていくのです。

音にはどんな種類があるか?

喘ぎ声

テレフォンセックスにおいて一番重要であると言っても過言ではないかもしれません。慣れないうちは恥じらいなども邪魔して思うように声を発することさえできないかもしれません。ですがこまめに自分で発生練習をすることで可能になっていきます。

効果音

更に細かく言うと効果音にも種類があります。
ひとつはフェラやクンニなどオーラルセックス時に発する「チュパチュパ」などの効果音。もうひとつはバイブのヴィーンという振動音や、スパンキングやピストンの時に鳴るパンパンという音、あるいはベッドのギシギシと揺れる音など、自分の口から発せられる音以外のセックス音に当たります。
特に前者は喘ぎ声同様、反復練習がものを言うでしょう。
後者は練習よりもアイデア次第かもしれません。よりリアルな音をどうすれば作り出すことができるのか?そのような手段を試行錯誤することによって改善されていくものなので、自分では鍛えようがさほどないかもしれません。

練習法

一人でいる時、他人に声や音が聞かれない環境で発生練習をしてみましょう。場所は自宅、車の中、あるいは川や海、山の中などが良いでしょう。
エロ動画などを見て自分が興奮する喘ぎ声やセリフ、あるいは効果音をチェックしましょう。そしてそれを自分の口から生み出せるまで反復練習するのです。

練習すればするほど、あなたのプレイの幅は広くなり、よりスムーズに相手を快楽にいざなうことができるようになるでしょう。

もちろん実戦も大事!

もちろん実戦をこなすことも大事です。パートナーとのプレイによってでしか育めない技術も多分に存在します。パートナーが見つからないと中々つらいかもしれませんが、やがて来るセックスのために今はあなた自身の武器を研ぎ続けましょう。

ちなみにパートナー探しにはテレクラがオススメです。テレフォンセックスパートナーを探すための専用テレクラもあるので、それを利用すればより効率的に相手を見つけることができるでしょう。

テレフォンセックスは一人で上達可能か?個人練習で目指せテクニシャン!へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ